『古物営業法』に基づく本人確認手続について

サプライヤー 各位

『古物営業法』に基づく本人確認手続について

株式会社 琉球リース

  弊社は、弊社で取り扱うリース取引並びに割賦販売取引において、その目的物件が古物(中古商品)の場合、下記記載の「古物営業法」に基づいて、目的物件の売主と担当者の本人確認を行っております。
  売主であるサプライヤーの皆様、並びにご担当者には通常の取引と異なるお手数をお掛け致しますが、法令に基づく手続きであることをご理頂き、ご協力をお願いいたします。

  1. 古物営業法
    古物(中古商品)の取引では、盗品などが対象となることがあり得ることから、盗品などの取引を防止し、それらの早期発見を図ることにより、窃盗などの犯罪を防止するとともに被害の回復を促進することを目的とします。
  2. 対象となる目的物件
    中古の自動車、自動二輪車、輸送用機械(フォークリフト等)、商業用設備等の古物全般。
  3. 本人確認の概要
    法令で定められた下記の「確認書類」をご提出、またはご提示頂き、下記の事項を確認します。

(1)売主

(2)ご担当者 

※確認書類は、提示していただく場合は原本に限りますが、提出していただく場合は複写でも可となります。
※詳細につきましては、以下「相手方確認書類のご案内」をご参照願います。

4. その他

(1)上記手続きで入手した個人情報に関する事項につきましては、個人情報保護法の規定に従い厳重に管理し、他の目的に流用しないことをお約束いたします。

なお、弊社の個人情報保護方針つきましては、本ホームページ内の「個人情報保護宣言」をご参照下さい。

(2)古物商許可証番号

(3)手続きに関するお問い合わせは、以下のお問い合わせ窓口へご連絡下さい。

株式会社琉球リース 営業統括部 企画課
TEL:098-866-5500

相手方確認書類等のご案内

大変お手数とは存じますが、お打合せの日時までに下記「相手方確認書類」のご手配をお願い致します。ご手配いただいた「相手方確認書類」では、法の規定に従い、お客様ご自身の「氏名」「住所」「生年月日」等を確認させていただきます。

相手方確認書類

以下の書類のうち①~⑦いずれかの書類をご準備お願い致します。
事務所以外で確認させて頂く場合、上記書類に加え⑧、⑨の追加書類が必要となります。