自動床洗浄機で床も気持ちもピカピカ

新年を迎えるにあたり1年分の垢を落とす大掃除や整理整頓をされた方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介するのは、空港やデパートやショッピングセンターなどの床掃除で活躍している「自動床洗浄機」です。広大な面積を隈なく清掃するには不可欠で、専用の液で床を洗浄し、どんなに広い面積でも疲れ知らず、汚水も回収する、エコ&タフなマシーンです。

比較的利用者が少なくなる夕方6時過ぎ、那覇空港ターミナルビルを訪れてみました。「いました、いました!」と思ったら、あれっ、人が乗っている。実は「搭乗式」という最新かつ最強の自動床洗浄機で、10人分の仕事を1台でこなすそうです。 時速10キロほどで床の上をスイスイ。想像以上の早さで3000㎡を1時間ほどで洗浄するそうです。細かいところは小型の洗浄機で清掃。ヒールマークという黒い汚れは手作業で落とします。 ヒールマークはハイヒールの引きずりでついてしまう黒い線のこと。これが意外に多いのにびっくりしました。

観光立県沖縄において、飛行機で訪れる観光客にとってはじめて接するのが空港ターミナルビル。笑顔と同じように、ピカピカの床で気持ちよく迎えることも、沖縄の「おもてなし」のひとつ。 「これからはハイヒールを引きずらないように歩こう」と、心に留めました!

「いろんなところでリース」その他の記事