複数拠点の迅速コミュニケーションを実現「テレビ会議システム」

遠隔地のスタッフがまるで同じ会議室にいるかのようなリアル・コミュニーケションを実現するシステム。それがテレビ会議システムです。離れた拠点とのコミュニケーションの向上、遠隔地への会議に出席するための旅費や移動にかかる時間の削減が行えるなど、生産性向上に効果があることから、導入する企業も増えています。

12年前に導入したという県内大手建設会社では、本島の本社と離島の各拠点をテレビ会議でつなぎ、毎朝の朝礼や意志決定の会議などに活用しているそうです。「出張コストの削減はもちろんのこと、情報や意識の共有、緊急時の迅速なミーティング、各拠点間の打ち合せも導入前と比較するとこまめに行えるようになった」と、導入メリットを教えてくれました。

情報通信技術の発達によって映像と音声の高品質化が進むテレビ会議システム。遠隔コミュニケーションを充実させるビジネスツール、働き方改革のツールとして、さまざまな企業での活用が期待されています。

「いろんなところでリース」その他の記事