確かな安心を生む衛生管理の要 食器洗浄機

ホテルや病院、給食センターなどの厨房で活躍しているのが、食器洗浄機です。その役割は単に食器を洗うだけではなく、洗浄から除菌までを全自動で処理するのでとても衛生的。また、水道代、電気代、ガス代、洗剤代など、「手洗い」と比較して大幅にコストを削減でき、単純作業ながら重労働からも解放してくれます。

回収されてきた食器は、スタッフが軽く水洗いしコンベアにのせると、そのまま洗浄機内に送り込まれ、約80度の温水を噴射して汚れを落とし、洗剤での洗浄の後、さらに高速のすすぎを経て、乾燥仕上剤をコーティングし終了です。洗い終わった食器はバスケットに収納し、 乾燥庫で保管されます。

今回訪れた病院の厨房には、1時間に 7,290皿を洗浄可能なコンベア式食器洗浄機が導入されました。1回平均160〜200食分(1食6〜7皿)の食器を朝・昼・晩、約1時間半かけて洗うそうです。

多くの人に食事を提供するホテルや各種施設において、洗浄セクションは衛生管理の要。食器洗浄機は確かな安心を生む洗浄力と、働く人にもやさしい快適な作業環境を提供してくれるのです。

「いろんなところでリース」その他の記事