効率的に管理!POSレジ

何が、いつ、どれだけ売れたのかをリアルタイムで把握できるPOSレジ。最近 スーパーやホームセンターなどで見かけるようになったのが、商品のスキャンまでをお店のスタッフが行い、精算はレジ横に設置された精算機で行うセミセルフレジです。導入した店舗では、自動釣銭機との連携により、レジ係が現金を扱わなくていいので、釣銭の渡し違いを防ぎ、レジ締め時間が短縮される効果もあるといいます。また、タブレットの登場により、カフェなどの飲食店を中心に、レジスターのスペースを大きくとらなくていい、操作がしやすいなどの理由から精算処理を行う機器も形を変えてきています。

現在、消費税軽減税率制度の実施に伴い対応が必要となる中小企業・小規模事業者等に対して、複数税率対応レジの導入や、受発注システムの改修等に要する経費の一部を補助する軽減税率対策補助金制度を利用できる機種もあり、POSレジの導入・切り替えが増加しています。

「いろんなところでリース」その他の記事